ロケ地…バレンシア

オンロケーション • ジャーナル • 8 月 18 日


「バレンシアは親しみやすい街です。常に変化しているので、常に刺激的です。毎日、ここのバーやあそこのレストランなど、新しい場所を発見します。」

ダイアナ・アルティゲスは間違いなく現代ヨーロッパ人です。スペイン人の父とイギリス人の母のもと、バレンシアで生まれ育った彼女は、両方の言語を学び、容易に言語を行き来して育ちました。

「母はヨークシャー訛りの英語で私たちに話してくれたので、私たちはサンデーローストを食べながら育ちましたが、フィエスタでは友達とチュロスを食べていました。私たちは後になるまで、自分たちがどれほど幸運だったかに気づきませんでした。」

イギリスのリーズ美術大学で学んだ後、ダイアナは本格的なインテリアデザイナーとしてバレンシアに戻りました。彼女は現在、マドリッド生まれの夫、アルフォンソ・ゴメス・マルティーニョとともにwww.cotacerointeriorismo.comを運営しています。

彼らは自分の仕事が大好きで、住宅、ホテル、店舗、ビジネスのデザインを問わず、それぞれの仕事を、それぞれの課題と報酬を伴う小さな冒険だと表現します。

「バレンシアの自宅では、ソフィア王妃芸術センター、国立音楽宮殿、オセアノグラフィック、ヘミスフェリック プラネタリウム…すべてを通り過ぎながら、夫と一緒に「エル リオ」(かつては河川敷で、現在は公園や森林として再植林されている)を歩くのが好きです。サンティアゴ・カラトラバによって設計された非常に興味深い建物です。」

「私たちも旅行が大好きで、自分のビジネスを経営しているので、どこに行っても自由な時間を過ごせるのは贅沢です。」

ベストバー


セントラル バー、メルカド セントラル

素晴らしいモダニズム食品市場内にある、立ち席のみのクラシックなマーケットバーです。地元のワイン、マルケリダで洗い流したブニュエロを食べながら、地元の人々と交流しましょう。地元の有名シェフ、リカール・カマレナが経営するこの店は、午前 6 時 30 分に開店し、早めの朝食に牡蠣と冷えたシャンパンを提供します。

ベストベッド


ウェスティン ホテル (calle Amadeo de Saboya, 16)

元々は羊毛工場だったこのモダンで豪華なホテルは、マリーナと旧市街の中間に位置し、エル リオまで徒歩圏内です。五角形のその内部には、光に満ちた穏やかなパティオガーデンが隠されています。読書の続きを読むのに最適な場所です。親切なスタッフ、優れたサービス、素晴らしいベッドルーム。

最高の食事


L エスタブリッシュメントのパエリア

街から車で少し離れたエル・パルマルという小さな村まで行く価値があります。実際に米が栽培されているアルブフェラ自然公園内にあり、ここで注文できるのはパエリアだけです。魚でも肉でも野菜でもお召し上がりいただけます。昼食は通常午後 2 時頃に提供されるため、事前に水路をボートで巡ることができます。後は昼寝するだけです!

ベストアドベンチャー


ファリャス

見逃せない素晴らしい春のフェスティバルです (来年 3 月 15 日から 19 日まで開催)。音と色と光のフェスティバルです。

伝統的なマスクレタ (巨大な火薬の展示) の音が毎日街中に響き渡り、街全体が行列やパーティー、花火に参加します。

市の守護聖人である聖ヨセフを讃えるようになり、職人たちは夜に作業場から出た古いジャンクを店の外で燃やしていました。その後、古いものを燃やすことを象徴するために、ぼろ布で粗末な人間の人形が作られ、たき火の上で燃やされ、春の新しさのための余地が生まれました。今日では、巨大で精巧な紙張り子の彫刻が作られ、最後の夜に路上で焼かれます。

ベストタイム


地中海性気候のため、夏は暑い、暑い、暑いです。春と秋のオフシーズンは、完璧な天気に恵まれ、混雑することなく思索にふける時間が増えます。