ロケ地…ケープタウン

オンロケーション • ジャーナル • 8 月 19 日


フランシス・ドレーク卿は 1580 年にケープタウンのあるケープ半島を発見したとき、「この岬は地球の全周で私たちが見た中で最も風格のあるものである」と書きました。この栄誉は歴史を通じて続いており、2014 年にはニューヨーク タイムズ紙がケープタウンを世界で最も訪れるべき場所として選出しました。ポルトガル人によって発見され、17 世紀にオランダ東インド会社によって定住したケープタウンの遺産には、ケープマレー人、ヨーロッパ人、アフリカ人の子孫、そしてクレオール人が誇り高く混在しています。これにより、そのリラックスしたスタイルとリベラルな姿勢がよく知られています。ここでも退屈することはありません。ビーチ、山、さまざまなアクティビティで一日中忙しく過ごせます。市内中心部からわずか数分で、サーフィン、ダイビング、​​水泳、釣りをしたり、ヒヒやペンギンを見ることができます。夜には一流レストランで受賞歴のある料理とワインを提供します。ケープタウンは、素晴らしいアウトドアと国際的な都市生活が融合した完璧なカクテルです。離れたくないかもしれないので注意してください。

「ケープタウンに住むことは特権です。」

カミーユ・ロウはザンビアのチカンカタで生まれ、サトウキビ農場で育ちました。それはまさにアフリカの子供時代で、屋外で馬に乗ったり、バナナの木に砦を作ったり、父親と一緒に農場をドライブしたり、ザンベジ川やカフエ川で釣りをしたりして過ごしました。彼女は幼い頃から動物が大好きで、庭にあるアヒルの檻の中で何時間も過ごしていました。その後、それはサファリに行きたいという情熱に変わりました。 「ザンベジ川下流域や南ルアングワ国立公園のことを考えると、今でも『ジャガイモの茂み』の匂いがします。」

「毎週末、ビーチに行ったり、山にハイキングしたり、犬を連れて近くのワイン農園のブドウ畑を散歩したりできるのがとても気に入っています。」現在、ケープタウンに住み、働いている彼女は、サファリへの情熱を活かして、アフリカ各地へのオーダーメイド旅行を行っています。そして彼女はアフリカを広く旅行しており、ボツワナのブンブラ租界を「ジュラシック・パークにいるようだ」と表現し、ウガンダでゴリラと過ごした1時間は「最も謙虚な経験」だったと述べている。ケープタウンについて彼女は、「人々はこの場所に恋をし、何度も戻ってきます」と語ります。


ベストベッド

これは旅行業界の人には答えるのが不可能な質問です。ただし、 ワン & オンリー ホテルのプレミア マリーナ テーブル マウンテンの客室には、文字通りテーブル マウンテンを囲む窓があります。ベッドに座って、日の出や日没時に山の色が変わるのを眺めることができ、まるで魔法のようです。

または、トゥエルブ アポストルズ ホテルに滞在する場合は、トゥエルブ アポストルズ マウンテンの斜面でのマッサージか、ホテルの敷地内での豪華なピクニックを選択できます。どちらも、少なくとも一生に一度は経験する必要があります。


ベストバー

ケープタウンには楽しくて活気のある場所がたくさんあるので、特定するのは難しいですが、 サイロ ホテルのバーでシャンパンを楽しみます。景色は素晴らしく、街の美しい人々と交流して、有名人のふりをすることができます。


最高の食事

私は元料理人だったので、少し判断力がありがちです。誰もがテストキッチンについて聞いたことがあるし、そこで食事をしたいと思っていますが、それは期待を裏切りませんでした。しかし、私たちの街には他にもおいしいレストランがたくさんあります。私は市内の小さな家族経営のタパスバーであるBouchonが大好きです (リゾットは最高です)。そして、素晴らしい料理と景色を提供する Beau Constantia のChef's Warehouseが大好きです。沈む夕日を眺めながら、パ・ド・ノムMCCを一杯お楽しみください。


ベストアドベンチャー

テーブルマウンテンのハイキング。さまざまな難易度のさまざまなルートがたくさんあります。都会にいながら自然の中に身を置くことができるのは素晴らしいことです。ようやく下山したら、ケープタウンの偉大な老婦人として親しまれているマウント ネルソン ホテルでハイ ティーを楽しみましょう。あなたはそれを獲得したでしょう!


ベストタイム

ケープタウンは温暖な気候に恵まれているため、10 月以降は暖かい気候になりますが、12 月から 2 月にかけて猛烈な南東風が吹いて、テーブル マウンテンが雲に覆われてしまうことがあります。したがって、ビーチで最大限の時間を過ごすには、1月下旬から4月下旬が最適です。ハイカーの場合は、日がさわやかに晴れる 4 月下旬から 6 月上旬まで待ってください。