花の力

ワンダー • ジャーナル • 5 月 19 日


春といえばチューリップですよね?この壮大でありながら控えめな花は、ただ春を告げますが、その理由を知っていますか?それはすべて、16 世紀の植物学者、カロルス・クルーシウスという人物のおかげです。彼はオスマン帝国(現在のトルコ)からオランダにチューリップを伝えました。 1593 年、ライデン大学の植物学の名誉教授として、クルーシウスはあらゆる種類の球根や種子を収集しました。そこに植物園を設立したとき、彼は貴重な個人コレクションのチューリップの球根を植えました。翌春、1594 年にオランダで最初のチューリップが開花しました。

当時、植物学はそれ自体が学問になりつつあり、もはや医学の一分野とは見なされず、植物はその薬効や料理の特性のみに注目されていました。クルーシウスは、北欧で植物そのものを認識した最初の人物の 1 人であり、植物の用途だけでなくその美しさも大切にしていました。電球の自由な交換は少数のエリート コレクターの間で行われました。しかしクルーシウスは、花の取引に関わる人が多すぎることで、花の愛好家だけの独占的な世界が安っぽくなりつつあることを懸念した。一般の人々は花や球根を求め、それらはすぐに商品として売買されるようになりました。

クルーシウスは自分の立場を堅持し、利益を得るために球根を転売しようとする業者に球根を渡すことを拒否した。しかし、1592 年に彼がチューリップに関する最初の主要な本を書いたとき、チューリップは非常に人気になり、彼の庭は襲撃され、球根が定期的に盗まれました。ある時、1581年、クルーシウスがイギリス滞在中に彼の最も貴重な球根のいくつかが使用人によって盗まれ、その花を自宅の庭に飾っていた貴族の女性に売られました。残念ではありますが、彼のコレクションを散逸させたのは盗難でした。

オランダの黄金時代が高まるにつれ、チューリップの人気も高まり、絵画や祭りに登場しました。 17世紀半ば、チューリップは非常に人気があり、「チューリップマニア」(チューリポマニア)として知られる最初の経済バブルを引き起こしました。人々が電球を買い占めるにつれて、電球は非常に高価になり、市場が暴落するまで通貨として使用されました。

最近では、クルーシウスと彼が盗んだ球根(今日栽培されている球根の祖先)のおかげで、私たちは皆、オランダのチューリップを楽しんでいます。オランダが愛情を込めて「世界の花屋」と呼ばれていることを知ったら、彼は喜んだでしょう。チューリップのお祝いはまだたくさんあります。春になるとチューリップは完全にセレブの地位を獲得し、アムステルダム郊外にある世界最大の花園であるキューケンホフ花園で毎年開催されるフェスティバルの主役となります。

キューケンホフ花祭りには、世界中から人々がチューリップのレガリアで身を包んだ広大な 19 世紀の庭園を見に集まります。英国風景式庭園スタイルで設計されており、毎年 40 人の庭師が公園内の予約された場所に 700 万個の球根を植えています。今年のテーマは、インスピレーションを与える花の力を現代的に解釈した「フラワー パワー」です。庭園は、おいしい香りのチューリップ、クロッカス、ヒヤシンス、蘭、カーネーション、アイリス、水仙、その他の球根状の花に囲まれた、絵画をテーマにした春のワンダーランドに変わります。フィンセント・カン・ゴッホの生誕125年を記念して、チューリップで作られたゴッホの自画像やチューリップマニアの展示も行われます。

色のチューリップを楽しみたいなら、5 月 17 日まで開催されています。または、お気に入りの STOW 作品にチューリップを永遠に残したい場合は、才能あるパッツィー ラスボーンによる独自のコミッションについてお問い合わせください。