コンテンツへスキップ

カート

カートが空です

The STOW Newsletter

Sign-up for email updates with gift and styling ideas, limited editions and STOW news

記事: キャロル・ラベル - STOW のカラフルな創設者

Carol Lovell - STOW's colourful founder
Archive

キャロル・ラベル - STOW のカラフルな創設者

スピリット・ジャーナル・2月18日


5 年前、英国の厳しい冬の真っ只中に STOW が考案されました。この特別な記念日に、英国を席巻した高級ブランドの背後にある女性に注目するのがふさわしいと考えました。

キャロル・ラベルの経歴は、冒険好きで非常に珍しいとしか言​​いようがありません。その経歴には、銃を突きつけられ(そしてナタで!)、生で馬に乗ったり、西オーストラリアではマイナーな有名人であることが含まれます。彼女はかつて「オーストラリアの唯一のポミーガール」として親しまれていました。ノースウェストハイウェイ。

イギリスで生まれ育ち、イギリスのあらゆるものに情熱を持っていましたが、キャロルは幼い頃から旅行することを夢見ていました。

13歳のとき、彼女は350キロ以上離れたウェールズまで自転車で行きたいと言い出し、両親を驚かせた。両親も彼女を応援してくれたので、彼女の不屈の精神が芽生え始めました。

その後、リーズ大学を卒業したばかりの若い女性として、彼女は海外へ旅立ちました。おそらく、田舎で過ごした広大な空に子供時代の共鳴を感じたのか、彼女はオーストラリア、中央アメリカ、そしてアメリカの平原の広大な空間に恋をしました。

「私は旅行が体と心にもたらすすべてのものを熱烈に信じています」とキャロルさんは言います。彼女は今、ケープタウン、ニュージーランド、モンタナ州、スコットランドをお気に入りの旅行先のいくつかに挙げています。 「家を離れることは、私の日常生活にとって春の大掃除のようなものです。私の心は新しいイメージとアイデアでいっぱいになり、肩はついに正しい位置に戻りました。」

ロンドンでの旅行、デザイン、ビジネス部門(ハロッズでのクリスマス勤務や経営陣による買収を含む)にわたる多忙な仕事生活の後、キャロルは結婚し、子供を産み、ケンブリッジシャーに引っ越しました。そこで彼女は、色彩に優れていると言われた地元の芸術家に指導され、絵を描き始めました。

「アクリル絵の具で絵を描くことで、見ることを学びました」とキャロルは言います。「それは今、STOW で毎日使っているスキルです。ジッパーのディテールに注目することから、新しいテック ケースにぴったりの色の選択まで。」

しかし、キャロルが自分の本当の情熱を見つけたのは、5 年前、友人にサイクリング旅行に誘われたときでした。 「欲しいものはどこにも見つかりませんでした。旅行中にジュエリーを安全に保管するための、シンプルで柔らかい革製のロールです。靴下の中に靴を詰め込むのはうんざりでした。

この単純な難題が STOW を始動させる試金石となりました。

キャロルは、美しくカラフルな収納スペースが市場にあることに気づきました。その時までに40代になったキャロルは、創造性とエネルギーをSTOWに注ぎ込みました。それは、彼女の旅行への愛、色との感情的なつながり、そして挑戦への渇望を組み合わせたものでした。

「旅行用アクセサリーはかつてはとても退屈なものでした。実用的なだけでなく、カラフルなものにしたかったのです。」 STOW では、彼女は機能と形状をシームレスに融合させ、創造性のはけ口を見つけました。

キャロルは、すべてを費やして繁盛するビジネス以外では、ノース ハートフォードシャーの野原を疾走するとき、または夫と一緒に水遊びをするときにアドレナリンが出るのを何よりも愛しています。

リラックスするために、彼女はよそよそしいリリーと散歩し、薪ストーブのそばで週末の新聞のスタイル欄を眺めながらリラックスしています。彼女はジョージア・オキーフの風景とデヴィッド・ホックニーを賞賛しています。彼女は、デザイナーのヴィクトリア・ベッカム、ロクサンダー、マシュー・ウィリアムソンをフォローしています。ノーフォークでもアメリカでも、心は大平原に舞い上がりながらも、常に最新のトレンドに目を向けている女性です。

「STOW は、「やってみよう」という姿勢の代名詞です。それが私に生きている実感を与えてくれるのです」と彼女は言い、自分のブランドに対する情熱が目を輝かせます。 「20歳の頃、ウィンドサーフィンをしているときに波の上にいると、ざわめきを感じていました。今、最新のデザインをスケッチしたときにそれがわかりました。」

キャロルの旅行リストには、アルゼンチンのエスタンシアに滞在し、ブエノスアイレスでタンゴを習い、トーレス デル パイネをトレッキングすることが含まれています。

そして彼女の夢は?

「私たちは皆、次の冒険を探しているのではないでしょうか?」彼女は尋ねます。 「STOWを旅行用革製品の頼りになるブランドにすることとは別に、私は裸足で歩き、バルコニーでリオハを飲みながら山と海を眺めることができるスペインの小さな場所に憧れています。 '

彼女の精神力があれば、それはすべて 1 日の作業で完了すると確信しています。

Read more

Glamour on the go
Archive

外出先での魅力

1950 年代にクリスチャン ディオールが「身だしなみは真のエレガンスの秘密である」と宣言したのは有名です。最高の服、最も素晴らしい宝石、最も魅力的な美しさは、身だしなみが整っていなければ意味がありません。」現在でもディオールのモットーは変わりません。

もっと見る